一般・患者の方 歯科医師の方

↓ご依頼は対応歯科医院へ↓

 

 

 

 

 

 

NHKあさいち・ガッテンにおいて解析の協力をしました

NHKあさいち「特集 口内フローラ」において、よこはま とりがおか歯科(本田豊先生)とともに、
谷口歯科医院・口腔常在微生物叢解析センターがメタゲノム解析・撮影の協力をしました。
(2016年5月9日放送)

同年11月に放送したNHK「ためしてガッテン」では、緑茶うがいによる口内フローラへの効果を、メタゲノム解析で調べるお手伝いをしました。

メタゲノム解析では、お口の中にいる全ての細菌種を調べることができます。この解析ができる歯科医院は限られております。調べて欲しい方は、対応している歯科医院にお問い合わせください。

口内フローラとは

お口の中には、500種類を超える細菌が生息しています。
これら細菌の集団を口内フローラ、口腔細菌叢と呼んでいます。
口内フローラには、既知の虫歯菌や歯周病菌だけでなく、肺炎の原因菌、ピロリ菌などカラダの健康に影響を与える菌が潜んでいる場合があります。これら菌の種類やバランスは、誰一人同じ人はいません。
どんな菌がいるのかを丸ごと調べる新しい手法が”メタゲノム解析”です。

口内フローライメージ1_MetaDentProject

メタゲノム解析とは

唾液やプラーク、あるいは糞便から、細菌のDNAをまるごと取り出します。
最先端のDNA解読装置を用いて細菌の遺伝暗号を解読します。
その情報をもとにどんな菌がいたのかを丸ごと明らかにする方法です。

メタゲノム解析で分かること

まだまだ口内フローラについては分かっていないことが多いのですが、 お口の中に生息する細菌の種類、そしてそのバランスが分かります。


解析結果の一例です。菌の種類やバランスには大きな個人差があります。

口内フローラの研究はまだ始まったばかりです。

これらの結果を実際に治療や予防に活かせるようになるにはまだまだ時間がかかります。
我々、Projectに参加する歯科医師は歯科医療に有効に活かせるよう口腔細菌叢解析に取り組んでいます。