口腔常在微生物叢解析センターお知らせ・キャンペーン

>解析センター>検体輸送方法

検体のご準備・お送り先について、ご案内します。ご不明な点はお問い合わせください。

 

臨床検体の受け入れについて

解析センターが実施するすべての解析は研究目的です。

臨床検体の場合は診断目的には利用できません

倫理委員会等の承認を得ていることが条件です。

検体は必ず匿名化してください。

感染性を有する検体は受け入れることができません

感染性を有する検体は事前にDNA抽出を行ってください。

以下の書類をダウンロードして、検体に同封してください

      検体同意書

コロナ感染防止の観点から、唾液や糞便等の受け入れは原則中止いたします。
どうしても必要な場合にはご相談ください。 DNA抽出済みであればお受けできます。

 

遺伝子組み換え生物の受け入れについて

解析センターでは遺伝子組み換え生物を受け入れることができません。

解析をご希望の場合は、必ずDNAを抽出してからご依頼ください。

 

サンプルの条件

DNBSEQやナノポアのシーケンス(全ゲノムシーケンス)

30ng/ul×100ul以上。Qubitで測定してください。
断片化やスメアが無いこと。
事前に電気泳動像をお送りください。

メタ16S解析

10ng/ul以上の濃度。測定濃度以下でも解析できる場合があります。ご相談ください。

 

 

チューブには以下の内容をラベルしてください。

サンプル名・濃度・バッファー(TE又は水)・ 御所属・お名前・発送日

コロナ対策のためチューブをアルコール消毒の上で作業を行います。
ラベルはテプラ等を使用するか、マジックで記入後、セロハンテープで保護するようにお願いいたします。

 

検体の輸送について

 

輸送先

以下のあて先にお送りください。

 

760-0054

香川県高松市常磐町2-3-35 アシクロビル1F

口腔常在微生物叢解析センター

087-831-8020

谷口誠

 

 

日時指定・事前連絡

平日は基本的には時間指定は不要ですが、事前にご確認ください。

土日・祝日に到着する場合は必ず到着日についてご相談ください。受け取れない場合があります。

最短の時間で届くように手配をお願いします。当日の発送締め切りに遅れた場合は、翌日の発送をお願いします。

コロナ対策のため、サンプルの受け入れ日を把握する必要があります。必ず事前にご相談ください。

輸送方法

基本的には冷凍便でお送りください。便など生サンプルの場合は、ドライアイスや保冷剤を使用してください。

保存液を使用している場合は、キットの説明書に従ってください。

DNA溶液は凍結融解を繰り返すことを避けるため、そのままの状態で冷蔵便または冷凍便でお送りください。

96wellなどのPCR産物はよくシールをして、冷凍便でお送りください。

 

 

 

検体の返却について

ご要望があればご指定の方法で検体を返却いたします。要望が無い場合、1年間は保存しますが、以降は破棄します。