香川県高松市の谷口歯科医院。お口の機能と細菌叢から口と全身の健康にアプローチします。

top 診療案内 院内・設備 一般歯科 インプラント 歯周病治療 微生物検査 メタゲノム解析 解析センター アクセス

メタゲノム解析をもとにした歯周病の治療と予防

歯周病菌は数種類の細菌による感染症です。したがって、歯周病の治療や予防には、その細菌の種類を正確に把握することが重要です。
当医院ではその原因菌である歯周病菌の遺伝子解析を行い、治療や予防に役立てています。

 

 

歯周病の原因菌とその解析方法

歯周病との関連が強い細菌は現在10-20種類程度調べられています。これらの菌が人それぞれ複雑な割合で存在し、歯周病を引き起こしていると考えられています。歯周病との関連性の強さから、図のような菌のピラミッドが考えられており、特に重度の歯周病と関連がある3菌種をRed complexと呼んでいます。

 

 

歯周ポケットの細菌叢

 上記のRed-compex以外に100種類以上の細菌が、歯周ポケットの中に生息しています。今までの研究手法では、その100種類を越える細菌種を検出できなかったため、その全体像が把握できていませんでした。したがって、Red-compex以外にも重要な細菌が生息している可能性が残されています。

 

歯周病菌の遺伝子解析・検査

当医院では、以下の二種類のDNA解析を行い、歯周病菌の把握を行っています。
歯科医院併設の口腔常在微生物叢解析センターで行いますので、患者さん負担を最小限にした解析が可能です。
口腔常在微生物叢解析センターには全国の大学医学部、歯学部、企業からも解析の依頼がある充実した設備があります。

 

●歯周ポケット細菌叢のメタゲノム解析(最先端のDNA解析)

 歯周ポケットに生息する100種類程度の細菌を丸ごと把握できる画期的な方法です。この技術の歯科への応用により、歯周ポケットの中の細菌構成を詳細に把握できるようになりました。

メタゲノム解析について

※メタゲノム解析には最先端の機器である次世代シークエンサーを用います。そのため解析には莫大なコストがかかりますが、患者さんへの負担を最小限に考え、他の歯科医院でリアルタイムPCR法で実施するのと同程度か少し安い解析費用を設定しています。詳しくはお問い合わせください。

 この解析に興味のある歯科医師に対して解析データを提供していますが、残念なことにメタゲノム解析の重要性に気が付く歯科医師は少ない状態です。もし解析をご希望の場合は、こちらの歯科医院にご相談ください。

 

●歯周病菌のリアルタイムPCR定量解析(旧来からの方法)

数種類の歯周病菌のうち特に重度の歯周病と関連が強いと言われる4菌種の解析を行っています。

    Red complex 3菌種(Pg,Td,Tf菌) + Aa

解析には、解析センター内にあるリアルタイムPCR機を用います。この機械は、調べたい菌だけが持つDNA配列を増幅し、その増幅量をもとに菌の数を推定することが出来ます。

 

 

 

治療中に薬の効果が十分に得られていないと判断した場合は、再度菌を採取し菌の減少具合をチェックします。場合によっては、薬を変更します。併設のセンターで解析するため、迅速に対応できます。

 

薬を併用した歯周病の治療

必要に応じて薬を使いますが、一番大切なのは丁寧な歯石除去的確なブラッシングです。

抗菌薬の併用は時に有効です。しかし乱用すべきものではありません
抗菌薬を併用するかどうかを慎重に見極め、できるだけ薬を使わない、使うときにはしっかりと使う治療方針で治療を行っています。
(抗菌薬を併用する一部の治療は保険適用外となります)

抗菌薬(抗生物質)をお出ししています。

・抗菌薬併用が望ましいと判断した場合のみ、歯周病菌検査の結果(種類と数)をもとにお薬をお出しします。

歯周ポケット内に多い菌を調べて初めて薬を選択することができます。 しかし、歯周病菌は歯周ポケットの中でバイオフィルムという巣に守られているため、あまり薬が効きません。そのため、バイオフィルムを道具を使って取り除く必要があります。

[注意] 当医院は、日本歯周病学会の「歯周病患者における抗菌療法の指針」を参考に、歯周病の細菌検査と抗菌療法を行っています。
歯周病の治療に抗真菌薬(抗カンジダ薬)はお出ししていません。詳しくはこちらをご覧下さい。

薬が効いている間に、徹底的に掃除をします。

・薬が効いている約1週間の間に2,3回、繰り返し歯周ポケット内のお掃除を行います。歯石が多い人の場合は、3回かけて徹底的に取り除きます。

薬が効いている間は、歯茎の腫れが引くため、歯の掃除をしても痛みを感じにくくなります。 この間にしっかりと歯周ポケット内を掃除を繰り返して、薬では除去できないバイオフィルムを丁寧に除去していきます。

・歯周ポケットの掃除をしていると患者さん自身が磨きにくい部位がよく分かります。
それを改善できるよう磨き方、フロス・歯間ブラシなどの効果的な使い方をその都度説明しています。

時間をかけたブラッシングよりも、的確なブラッシングができるように繰り返しご説明します。

大切なのはメインテナンスとセルフケアです。

どんなにしっかりと歯科医院で治療を行っても、これら歯周病菌はもともと常在菌ですので再度増えてくる可能性が十分にあります

歯周病菌が再び増えてこないように、定期的な歯科医院での点検・清掃(メインテナンス)、そして毎日の歯磨き、歯間ブラシ、フロスが絶対に必要です

細菌バランスは、加齢や生活習慣の変化等の影響を受けます。負担にならない範囲で、定期的に歯周病菌を調べることをお奨め致します。

そのほか、噛み合わせなど歯周病を悪化させる因子の除去を行います。